特徴

リアルタイムでの在庫連動

リアルタイム連携とバッチ連携について

● リアルタイム在庫連携
(同一在庫を見せることが可能)
商品をカートに入れた時点、又は決済を行った時点で在庫を連携します。
それにより、リアルタイム連携出来る全ECにて、同一在庫数を見せる事が可能になります。
EC側でシステム改修が必須。
● バッチ在庫連携
(在庫を割り当てる。
オート/マニュアルモードの設定が可能!)
バッチにて複数サイトが同時に購入する場合、ALIS側と在庫連携します。
EC側でシステム改修が出来ない場合等に使用。
リアルタイム連携とバッチ連携
リアルタイム連携のみ
一定数超えたら在庫を割り当てし欠品を無しくします。

リアルタイム連携のみ

 [ バッチ連携 ] 割当在庫の自動配分機能

 [ バッチ連携 ] 割当在庫の自動配分機能

在庫管理機能

モール側に少量の実在庫を預けることも可能

※基準値とは:これを下回るとALISから自動フォローが掛かる任意設定値です

モール側に少量の実在庫を預けることも可能

ブランドイメージの統一

  • ● EC用ブランドイメージデータの製作
  • ● 在庫・受注状況リアルタイム連携及び配分管理
  • ● バッチ在庫連携
  • ● マスタ登録モールへ情報提供
  • ● 一元管理による管理の軽減
ブランドイメージの統一

倉庫利用で時間短縮

  • ● 倉庫利用によるお届けリードタイムの短縮化
  • ● 当日出荷(翌日着)サービスへの対応

通常の在庫連動とALISの在庫連動の比較

在庫連携システムを導入するにあたり、これまでネックとなってきたのが配送リードタイムが長くなってしまうこと・・・
ご安心ください!ALISには、それを補うための仕組みも備わっています。

通常の在庫連動とALISの在庫連動の比較

ページトップへ